第2回定例会(3月3日~25日)

平成22年第2回茨木市議会定例会は3月3日から25日まで行われました。
平成22年度の野村市長の施政方針が3月3日に行われ、これに対し、3月8日公明党からは篠原一代議員が代表質問に立ち78項目の質疑を行いました。更に、一般質問では、青木順子議員、河本光宏議員、村井恒雄議員が質疑を行い、介護保険制度特別会計に対しては私(坂口)が質疑を行いました。

総務常任委員会

◇「命を守る」という観点からAEDについて
本市内の設置数と設置個所の周知方法について
またAEDの講習受講人数について
本市の今後の設置計画について
HPを使っての地図での設置場所の周知を要望
公共施設やスーパーなどを活用した講習会の実施について
無料の貸出と今後の幅広い救命講習の実施を要望
◇「市民サービスの向上」という観点から
軽自動車税コンビニ収納システムの開発について
過去の軽自動車税の調定額収納額収納率は?
コンビニ収納導入の背景と今後の方向性について
コンビニ収納の手数料と他の収納手段との比較と費用対効果について
利用見込み件数は?
今回は自動車税に限定されている理由は?
今後は固定資産税や市民税への活用を要望
◇「豊かさ発信」という観点から
ホームページの的確で即効性のある情報の提供について
各課の更新の方法と更新頻度について
各課への講習について回数と参加対象
今後携帯からのアクセスが可能ということですが、どのようなメリットがあるのか
◇法律相談について
昨年の法律相談件数と日曜法律相談の概要
短い時間で相談者に最低限の相談はできているのか?
今後は時間枠の増加や相談内容に応じた対応は可能であるか?

メニュー