第3回定例会(6月15日~23日)

平成22年第3回定例会を6月15日から23日までの9日間の会期で開催。この定例会では、18件の議案を原案どおり、可決しました。また、議員から提出された意見書2件を原案どおり可決しました。
また、一般質問は6月15日と16日の2日間にわたり行われ、公明党議員からは坂口・松本市議がそれぞれ質問に立ちました。

本会議一般質問

Ⅰ高齢者の居場所づくりについて
◇体力の維持・増進と、仲間づくりの機会について
孤独で引きこもりがちになる独居高齢者を初め、すべての高齢者のその多様な関心に応えられる居場所づくりを要望。
◇街かどデイハウス事業について
街かどデイハウスの地域における今後の役割と本市独自の予算化で存続を要望。
Ⅱ.人と環境にやさしい都市づくりについて
◇地球温暖化対策について
二酸化炭素削減に向けて「茨木市グリーンニューディール基金」の今後の運用計画について。また市民・事業者の取組みへの支援対策について。市民のエコライフへの啓発と市民・事業者に対する支援策と実績について。
Ⅲ.生活保護自立支援について
生活保護受給者の方への総合的な自立のための支援について就労自立支援、日常生活自立支援、社会生活自立支援の観点から本市の取組について。また、就労の意欲を高めるための取組みについて。

メニュー